広い空間のポツンと柱

壁などで仕切りのないLDKなどの広い空間では、

柱がポツンと1本出てくる場合が多々あります。

 

この柱を “構造柱” と言います。

家の構造を支えるために必要な柱なんです。

 

この柱をいかにも「構造柱ですよー!」と感じさせないように、

コーディネートする際はいつも工夫を凝らします。

 

あるお打合せでは次のように色んなパターンを考え、ご提案させていただきました!

◆構造柱の隣に同じ間隔で柱をつくって格子風にするパターン。

構造柱の隣に間仕切格子を設置するパターン。

写真や絵などを飾れるように壁をつくるパターン。

柱と柱の間に棚をつくって飾り棚にするパターン。

こちらは壁をつくってガラスブロックを埋め込むパターン!

うーん、色々考えてますね^^;

雰囲気もガラッと変わります。

 

 

そして次はいくつかの施工写真ですぴかぴか(新)

 

柱はすべて空間に合わせた色の木調の壁紙を巻いていますぴかぴか(新)

 

 

いかがでしょうか??

いかにも構造柱です!感は無くなって、

逆にその空間のポイントになっていると思いませんか?ぴかぴか(新)

 

と、こんな感じで構造上どうしても必要な柱ですが、

それを逆手にとって、おしゃれポイントにすることができます^^

 

“ポツンと柱” が出てきたら、こんな風に工夫すると印象的な空間がつくれますよ王冠

 

◇◇Writing by インテリアコーディネーター 原田◇◇

copyright © monocoto Design Office All Rights Reserved.