建築と家具。

先日パナソニック主催のくらしの新商品内覧会2019に行ってきました。

そこで開催された建築家・芦沢啓治氏のスペシャルトークイベントに参加しました。

 

 

『建築と家具について』というテーマでした。

 

現在名作家具と言われている8割は、当時の“建築家”が作っています。

家具を売るためではなく、“空間のために”家具を作ったそうです。

 

その考えが今の自分を作り、

家具がどれだけ空間にフィットしているか、

建築物が自然の中にどう溶け込んでいるか、

常にそこに重きを置き、建築と家具のデザインを考えているとのことでした。

 

とても奥深いお話しで、勉強になるセミナーでしたぴかぴか(新)

 

余談ですが、

芦沢氏が会場に来る新幹線の中で書いたという、

プロジェクターに写し出された数々のフリーハンドの絵がとても味があって素敵でしたぴかぴか(新)

写真を撮りたかったくらいです^^

copyright © monocoto Design Office All Rights Reserved.